スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にっき

猛烈な二日酔いで午前起き。インターネット業者の訪問を受ける。ケーブルの不具合などをチェックしてもらい、なんとか無事にネットが開通する。作業の合間にお茶をがぶ飲みする。ゴザの上で二度寝。
起きて、オレンジジュースを飲む。自転車で最寄りの地下鉄駅へゆき出社。途中で路上販売のカレーを購入。
カレーを食べ、腹が重い。サイト更新作業。合間に全体会議をはさむ。終わって音楽会社へ出向。打ち合わせ後に営業先リスト作成。途中、同じ業務委託の身分であるドラマーの方と話し込む。
終わって、繁華街のチェーンレコード屋まで歩いてゆく。所属バンドのアルバム残りなどをこっそり確認などする。そのほか、最近の新譜を片っ端から試聴する。
最寄り駅へ向かいながら、チェーンレンタル屋でCDと漫画を購入する。電車を乗り継ぎ、自転車をピックアップ。目星をつけていた中華料理屋で卵と豚肉の炒め定食を食べる。ビールを少し飲む。
帰宅。漫画を読みながらしばし眠る。深夜に起きて部屋の片付け、ダンボールをまとめたりなどする。終わってサイト更新作業。『アイ』(いがらしみきお)最終巻を読み終える。『ぼのぼの』でもたびたび言及されていた「今、自分が見ていないところはどうなっているのか」という子供心に訴えかける問題提起がさらにプリミティブに、それでいて震災のリアリティを伴い高尚なレイヤーへ昇華する。見えないところにこそ、そこに「神」が存在しているのだということ。それを救いととらえることができるのかどうかという二次的な問題を孕みながら物語は終わる。名作と言い切れない問題作。
読み終えて早朝にゴミ出し。コンビニにゆく。
お手製ラムコークを飲みながらインターネットをする。

JUGEMテーマ:ぼのぼの

スポンサーサイト

コメント